学力を上げる、その前に必要な3つの意識


塾講師のケイです。

個別指導塾で教え始めて、
子どもの学力が極端に二極化している、と感じています。
平均より上、なら、まだいいのです。

  

学力の現状は・・・

・10までの数の足し算、引き算でつまずいてしまい、計算が全くできない
・かけ算ができていないことに気づかれず、そのまま割り算もできずに小6になってしまった
・アルファベットが書けない中3生
・英語がほとんど読めないのに、現在中2、単語は全く書けず
・漢字の読み書きがほとんどできず、教科書が読めない中学生
・文章読解で、そもそも日本語の意味が分からない

・・・これは、私が実際に出くわしたケースのごく一部に過ぎませんが、
上記の例は、極端なケースではなく、
おそらく、学校の生徒の3分の1から4分の1くらいは、
既に学校の授業についていけなくなっている可能性があります。

発達障害の子どもをお持ちの親御様は、すでに自身の子どもの特性を知っている場合が多く、
早めに対策をとるため、学力低下を未然に防げたケースもあります。

多いのは、学力低下の傾向が見えていたが、
「どうにかなる」との思いから、放置してしまい、
かなり重症化してしまった段階で、ようやく塾の門をたたく場合です。

こういう時、多くのお子様が、暗い表情をしていて、
親御様が悲壮な雰囲気を醸し出していることが多いです。
また、お子様はさほど深刻さを理解しておらず、
親御様だけが、やたら不安がっている、というケースもあります。

後者より、前者の方が、確実に救える確率は高くなるのですが・・・

「やる気」以上に必要な3つの意識

「どうにかして、子どもの学力を高めたい」
これは、子を持つ親なら、必ず願うことです。
それは、暗い表情をしている子どもに、笑顔になってもらいたい、
また、勉強で不憫な思いはさせたくない、
子を思うからこそ、です。

塾にも通わせている、
高い教材も与えている、
タブレット型の教材で、いつでもレベルの高い授業が受けられる・・・

はずなのに、伸び悩む。。。
もしくは、まったく伸びずに落ちていく、
なんてこともあるかもしれません。

実は、大人も子どもも、そして障害を持つ場合でも、
学力を高めるために、必要なものがあります。

前置きしましたが、
「やる気」ではありませんw

やる気は必要ですが、もっと大切なものがあります。
このことを、親なら子どもに意識づけ、
子どもは、そのことを意識しておかねばなりません。

それは、

「行動を起こす勇気」を持ち、
「実際に行動を起こす」こと、そして
「行動を継続する」こと、です。

行動を起こす勇気

実は、前提として、やる気は必要なのです。
ですが、
やる気が持続しなかったり、
ちょっとしたことで、気分が萎えたりすることがあります。

成績を上げている子どもは、
ほぼ例外なく、「行動」を起こし、「継続」しています。

机に向かって、毎日、自分で決めた時間勉強する、
勉強の際、スマホ、タブレット、ゲームは一切さわらない、
自分の勉強の仕方を分析している、
テスト直しを必ずしている、
など。

はっきり言えば、
塾など、きっかけ作りでしかありません。
ただ、そのきっかけで、
自分で行動を起こし、
すぐに結果が出ずとも、自分を信じて
行動を継続する子どももいるわけです。

勉強が苦手でも、
必要な「行動をした」子は、結果に近づき、結果を出し、
ニコニコな「笑顔」を見せてくれます。

行動をすること
行動を恐れないこと
そのことが、結果を生み出し、
努力が報われる可能性があることを、子ども自身が気づき、自信をつけ、さらに努力する
そこにすがすがしい「笑顔」が生まれます。

そして、現に、
成績が上がり、自分への自信を深めて、
笑顔があふれるようになったお子様を、僕は何人も見ています。

上の例では、かけ算ができなかった小6の女の子がいます。
学校では、掛け算ができないことは放置されていました。
きちんとかけ算から付き添うことで、
今では、約分のある分数のかけ算、割り算で
「78点がとれた!!」と大喜びです。
毎週、ニコニコで塾へやってきます。

このことは、勉強に限らず、
私たち、大人にも言えることです。
勉強だけではありません。

僕には、
勉強はさっぱりでしたが
下積みを経験してしっかりと起業し、
東京で第一線で活躍している友人がいます。

僕は、某国立大学の法学部を出て、
司法試験まで目指した結果、
挫折し、就職に困った挙句、
塾講師にたどり着いたわけで、
今でも、さほど良い給料をもらっているわけではありません。

それよりも、単身で東京に出て、
安いシェアハウスで生活しながら、
コンピューターグラフィックを専門学校で学び、
そこでの仲間と起業について学び、
今、私と同年代ながら、起業し、私の数倍の稼ぎをたたき出しています。

だから、僕は勉強だけでなく、
「行動を起こす勇気」と「実際に行動を起こす」ことが、
いまの世の中、必要とされている
、と強く感じるのです。

僕が先ほど伝えた、学力を上げる前に必要な要素、

「行動を起こす勇気」
「実際に行動を起こす」
「行動を継続する」

ですが、
今の子どもには
「行動を起こす勇気」が極端に欠けているように感じられてなりません。

すでに成績がよくない子どもは、
その成績が自分の限界だと思い込み、
努力しても無駄、と考えてしまいがちです。

また、勉強でもなんにせよ、
上達するには、「自分の弱点と向かい合う」必要があります。
ですが、
できないことを、やたらと怖がる子どもは多いのです。
結果、できないことはほっておく、という悪循環が出来上がります。

だからこそ
僕たち、そして、大人は、
子どもたちの「勇気」の後押しをし、
「行動」することで、はじめて、困難を越えて成長ができるんだということを、
自分たちの背中を見せて示す必要があるのだと痛感しています。

では、どうやって、「勇気」の後押しをすればよいか。
それを後述していきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ