「2016年10月」の記事一覧

英語の音読、素材は何を使う?(発達障害の子も含めて)

塾講師のケイです。 英語の音読が、英語の上達に効果的であることは、 ①バーチャルな英語環境を作る ②頭を英語に慣れさせる ③本能的に英語を身につける という意味で、効果が高い、ということは、先にお伝えしました。 また、後・・・

英語が伸びない→音読をしていない

塾講師のケイです。 ここで、英語学習における「音読」の重要性を伝えたく思います。

心が本当に疲れた・・・その時の究極の対処法

塾講師のケイです。 心が疲れた時、どうしても辛いとき、どうするか。 いちばんよい究極の方法をお伝えしましょう。 それは、 逃げること、休むこと、何も考えないこと。 これにつきます。

成績を引き上げる「徹底的な繰り返し」と「答えを見ながら学習」

塾講師のケイです。 資格の勉強だろうと、 学校の学力向上だろうと、 基本、成績を上げる勉強法は 「徹底的な繰り返し」学習をすること にあります。 当たり前のようですが、 はっきり言って、 成績で悩んでいる子どものほとんど・・・

提出物と忘れ物 それは子どもの責任ですか?

塾講師のケイです。 保護者面談・・・ 学校の先生から、突然、 「○○くん、提出物がほとんど出ていないんですよね。」 と切り出された経験はありませんか? ええ~!! と、そこで自身のお子様が、提出物や宿題をしていない事実を・・・

子どもの学力を伸ばすには?発達障害の有無にかかわらず、「ほめる」こと

現役塾講師のケイです。 最近になって、芸能人の方々が、 自分の発達障害、注意欠陥障害をカミングアウトしています。 世間から認知されている芸能人の方々が、カミングアウトしてくれることは、 世の中に「発達障害」の正しい見識を・・・

子どもの発達障害で悩んでいる方へ

僕の息子は、3歳のとき、広汎性発達障害と診断されました。 その時の衝撃は、今も忘れません。

発達障害を知ることは、子どもの学力の底上げにつながる!!

塾講師のケイです。 息子が広汎性発達障害の診断を受けました。 息子が3歳の時です。 現在小学1年生、通常学級に通っています。 そして、3年前といえば、 僕が病気で、完全に職を失った時です。 細かいことはプロフィールをご覧・・・

学力を上げる、その前に必要な3つの意識

塾講師のケイです。 個別指導塾で教え始めて、 子どもの学力が極端に二極化している、と感じています。 平均より上、なら、まだいいのです。

プロフィール

僕は、 3歳の娘と、6歳の息子の2児のパパであり、 キャリア15年の塾講師でもあり、 元、司法試験受験生でもあり、 「ナンバーナイン」というブランドの全盛期に、服が好きすぎて掲示板をお騒がせしていたこともあり、 ヘビーメ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ